バセドウ病~一喜一憂したらダメ

kohnori2.exblog.jp

表で言えない本音の話

あともう一回

 初めて神戸海星病院を受診したのが2014年の7月。

 あれから1年半経って、ようやく終わりが見えてきた。



 先週、受診の予定が仕事の都合で日を変更してもらい、
新たに受信した今日。

 急遽、予約を取ったんでいつもなら朝イチのところ、
今日は15:00の予約。

 いつものように先ずは視力検査や、目の動きの検査を受けて、
看護師さんが一言。
「いつもと同じく診察が遅れて、今、20人位待ってますから・・・、
え~と・・・2時間半後くらい待ってもらいます。」って・・・・。



 ・・・げっ!2時間半って!

 有名ないい先生らしいんで仕方ないですが・・・・。



 そしてそしてようやく順番がまわってきまして、

 まぁ、そろそろいい(寛解)んやないかな?・・・って。



 バセドウ病自体の数値(TRAb)の値も落ち着きつつあるし、
瞼の腫れも落ち着いているし。
斜め上方向の眼の動きがやや悪い(複視気味)けど、
それも日常生活に支障が出る程でもなく、
前回(3ヶ月前)とも左程変化も無いし・・・・。

 「一応、あともう一回だけ、半年先位に診せてくれるかな?」って。



 それで丸2年ってところですね。

 長かったような、短かったような。
初診の日にいきなり瞼裏に注射を打たれたりしたんで、
もう、自分の眼はどうなってしうんやろ?・・・・なんて思いましたが、
ある程度で治まってくれそうな感じになってきました。


 次は、半年先。

 この調子で。






にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村
[PR]
by kohnorinori2 | 2016-02-04 22:22 | 眼症のこと | Comments(0)